2017/07

<< July 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


最近の豚王

 

テーマ

 

過去⇔現在

 

罵り合い

 

リンク

 

 

 

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


博多一番どり(吉塚店)

3月13日(木) 19:30〜
くまさんと初めて2人っきりで(しっぽりと)呑みに行った。
焼鳥、鳥の刺身系などどれも美味しく、お酒もすすむ。

話したことはお互いの「今後について」ですが、多岐にわたるので割愛。
えぇ!?豚王の今後がどうしても知りたい!
という方も多い、というか皆様そうだと思いますので、そんな方々はクリックME

ほれ、珍妙な動きに心休まるでしょ?
こういう手口で悪いR−18サイトに溺れ、多額の請求書が10年前の正月に届いた豚王です。
正月から涙で枕を濡らしました。
みんなも注意してね。

で、散々呑んだわけです。
と言っても豚王はカクテルをちょびっと、注目はくまさんです。
手元にレシートが残ってるのですが、ビール4杯、焼酎11杯。
「くまさん」はハチミツしか舐めないと思ったら、実は「熊さん」だったのね。
と独りニヤニヤ。

帰ろうと勘定を済ませ店を出ると、真正面を向いたままフラフラ歩き出す熊さん。
目で追うと、酔いと言う名の神秘の力でコンクリートの歩道に円の軌跡を描き始める!
そしてそのミステリーサークルがもう少しで出来上がろうとした瞬間、こけちゃった、頭から。
す、すごい儀式だ、YouTubeにうpしたい・・・。
と思うもすぐに我に返り、引っ張り起こす。
まさに「足もとがお留守ですよ」状態だったので、家まで連れて帰りました。

途中、駐輪場などに激しくダイブしてましたが、高らかに笑うエンペラータイムな熊さんで、
豚の王である私もそれを見ながら痛そうというより楽しそうと思いました。

しかしながら豚王はスーパーモデルの身なので、かすり傷一つできないのです。


学校終わりに、お呼ばれして西区は今宿まで呑みに行きました。
とは言え原付なのでお酒は呑んでおりません。

今宿で呑む時は「絆」という名のお店に行きますが、ここは安いし家庭的で良い居酒屋です。
店の扉を開けてすぐのところに友達がいました。
テーブルを見ると、そこにはホワイトマジックで落書きされた幸せそうな焼酎の瓶。


Iさん、B君、K君、ジェロニモ、そして豚王の5人で呑んだわけですが、
そこで色恋イベントが起きました。
で、話は「思わせぶりな女に軽く騙されたら、どういう仕打ちをしたら良いか
ということになりました。

メールを無視する?
罵声を浴びせる?
違います、不正解です。
正解は、
「山下清(清スタイル)で待ち合わせ場所にしておいた小洒落たレストランに行く。」です。
驚いた相手を他所に、ゞ託の無い笑顔で軽快なステップを踏みつつ移動
▲織鵐トップの乳首部分を切り取り、指で隠したり見せたりする(お店にいる全員にも)
などオプションを付ければ満点ですね。

勇気がいるのは最初の10分だけだお^^


長浜将軍 門

学校終わりにMさんとお酒を呑んできた。

21:30にビックカメラで合流だが、期待通り間に合わず宮本武蔵気分を味わえた。
と、いうわけで、前日深夜に2時間くらい色々探してみたのですが、
まさに豚にピッタリのお店がありました。
そこは、鹿児島出身の方が作る数々の黒豚料理がならぶ居酒屋です。
可愛がられてはいるけどその実野生的な、下町的な黒豚さん達と触れ合う機会は大切にしないと。
誰も手の届かない位置に君臨するブランド豚の僕だからこそね。
その謙虚さが、僕を「IPS」ことインターナショナル豚セレクション
(旧「豚さんたちのW杯」)で24年連続金豚賞に導いている理由・・・なのかもしれないね(笑)
トウモロコシ?とんでもない、飼料はいつもピザポテトさ。

で、黒豚の巣屈、行きました。
で、閉まってました。改装中とのことでした。
つづきまして、大名近辺を歩きました。
ある店に入りました。人が多くて入れませんでした。

・・・フルフル。
キングオブ豚に対するこの扱い。
この屈辱を情熱に変えて、今年のIPSも連覇狙っちゃおっと(笑)

で、結局大名の「長浜将軍 門」さんへ行きました。
長浜の将軍が、世界の豚将軍に敵うはずもないが、まぁ良い。

お腹も空いていたので、Mさんとバクバク食べました。
失業保険からケーブルTVの「MONDO21」まで近寄りがたい話が満載。
「迷彩服=やまけん」でしたね。

その後TSUTAYAにてレンタルしつつ、スタバで乙女のように話しました。
で、そこで1時間くらいたった頃でしょうか、豚の目があるスタッフさんの姿を捉えました。
え、ええ?・・・・・あ、蒼井優だ!
豚の目からはそのスタッフさんは蒼井優に見えました。
それでも特に気に留めることなく、店を出ようと飲み物のカップをゴミ箱に持っていくと・・・
「そのまま置いてて良いですよ(ニコリ)」

店を出てMさんの自転車を見ると、誰が入れたのかカゴのところにバラが挿してありました。

運命
その2文字が頭に浮かんだ瞬間、豚は蒼井優のもとに走り寄り、そのバラを渡しました。
自分でも何をやっているのか、何がなんだかよくわかりませんでしたが、
体が神様と「運命」の文字に操られている気がして、心地良くさえありました。

そして蒼井優はそんな突然の状況にも笑みを返し、バラを受け取るとこう言いました。

「ARE YOU OK?」

やった、矢沢信者だ☆



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--