2017/08

<< August 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


最近の豚王

 

テーマ

 

過去⇔現在

 

罵り合い

 

リンク

 

 

 

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


レントゲン


我が城へようこそ。
正確には我が汚い風呂場です。
浴槽に水が貯められている訳ですが、ほら、よーくご覧ください・・・
ね、何か水面をぶん殴りたくなってくるでしょ?^^

2月28日木曜日、この日風呂に入った豚王は浴槽に貯められた水を見て、
「この野郎、いつまでもそのままでいられると思うなよ・・・」
と怒りをあらわにし、キング・オブ・自由であるかのようにゆれるその姿に、
鉄の、てか豚の一撃を喰らわすことにしたのです。そりゃ重いぜ?
握り拳をつくり息を止めると、承太郎も驚きの光速スタープラチナを一気に打ち込む!
「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!」
水しぶきを上げ、ボコボコにされる水面。

まだまだ物足りねぇぜ!

てことで、次は僕の手刀をお見舞いすることに!
それはもう、鎬昂昇もお手上げの凄まじく滑らかな、安楽死一直線な一振り!!
(バキは人間なら読むようにね!)

ビョウッ!!!

しかし次の瞬間、水面が真っ二つにされる様をモーゼ気取りで見るつもりの豚王に激痛が。
「はぁんッ!」
あまりの痛みに思わず声を上げ、貧血を起こした時のように目の前が真っ白になる。
何が起きたのだ???
「ギィ、ギィィ」と右手を見ると、痛みのする手の側面部分が真っ白になっている。

そして痛みの理由がわかった。
豚王が振り抜いた世界が見惚れる手刀が、どうやらあるものに激突したのである。
それがコイツ!↓↓

蛇口!

思わぬ豚王の失態に驚くも、それどころではないこの痛み。
とりあえず痛みの原因であるにっくき蛇口から冷水を出し冷やす。
そして5分後、痛みは消えた。
それどころか、打ち付けた手の側面部分は何事も無かったように平然としていた。
安心し、さすが豚王と自分に酔いながら風呂を出る。

・・・・・・・・・・・・・・・・。
あの日から2週間以上が経ちました。
い、痛いんですけど。おじさん手が痛いんだけど。
何もしてない分には痛みは出ないのですが、ペンを持ってモノを書こうとすると
患部から断末魔が聞こえます。
この呪いを取り祓おうと教会へ行くも邪険に追い返されたので、仕方なく病院へ行きました。

レントゲンを撮ってもらうと、病名は「骨挫傷」だろうと言われました。
(*MRI写真でないと正確にはわからないとのこと。)
簡単に言えば、骨の内部に傷がついた状態のことで骨折とは違います。

豚王の患部をイヤらしく触りながら、阿部サダヲに90%似た医師(良い先生でした)が、
この怪我は薬とか無くて、ただただ安静にするしかないと言っていました。

が、豚王はそれどころではない。
まずい、今年の品評会に間に合うのか。
さすがだな、このプロ意識

斉藤


自転車

大切な人を奪ったお前を、私は許しはしない。

ということで、自転車を盗まれてしまわれた豚様。
ウォーキングなんて洒落た名前の有酸素運動してたら自慢の脂肪が燃焼しちゃう・・・
そんな理由で買った楽な乗り物自転車。
ステッカーなどペタペタ貼ってブランド豚使用に仕上げてた自転車。

しかしもう彼はいない。

2007年12月2日、箱崎のとある古びた2輪屋さんで見つけた黒い自転車。
どこにでもある特別変わったところのないシンプルなフォルム。
しかしそれでもそんな個性が気に入ったのです。
何にでもなれそうな。

しかしもう彼はいない。

2008年3月1日、箱崎宮前駅。
昼はそこにいたはずの彼が、夜には消えていなくなっていた。
「おい、おいっ!」
思わず大声をあげた。30分以上探した。
そうするうちに近くの交番から不審に思ったのか警察官2名がこちらにやってきた。
盗難届けでも出そう、と冷静にその2人に視線を向けた・・・次の瞬間!
警官Aの警棒が「ミョウッ」っと異様な音を立てて豚のあごを襲う!!
間一髪で避けるも、眼前で行われた世紀末な行為に動揺が隠せない豚。
そんな豚をケラケラ笑いながら警官Bがこう叫んだ、

「おいっ、美味そうな豚がいるぜぇっへ!」

そりゃ、当たり前だっつーの。そこらの豚と一緒にすな。

余談ですが、自転車購入時にお願いした防犯登録の控えを見てみました。
車体番号:KL68910835(←へぇ)
車種:軽快(←軽快てw)
など突込みを入れながら見てたのですが、「塗色」の欄を見たとき思わぬ衝撃が走りました。
塗色:
?いやだし。
あの2輪屋さんの親切なおじいさんは、真っ黒な世の中も青色に変えてしまう
救世主(メシア)様だったのです。


在りし日の自転車(盗難前日に撮影)
合掌。



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--